会社情報

HIGLIGHT

【eラーニング】PCI DSSS Version3.2.1リリース&お得なキャンペーンのご案内

2018/08/30

【eラーニング】PCI DSSS Version3.2.1リリース&お得なキャンペーンのご案内

この度、2018年5月に公開されました「PCI DSS Version3.2.1」リリースに伴い、
『eラーニング QSAによるPCI DSS(v3.2)教育トレーニングプログラム』を
Version 3.2.1に更新しました。

◆PCI DSS教育eラーニング
~QSAによるPCI DSS(v3.2.1)教育トレーニングプログラム~
詳細はこちらから

※ただ今お得なキャンペーン実施中です。この機にご検討下さい。
書籍PCI DSS Version3.2は、eラーニングの教材としてもお薦めです。
同時にご注文すると、更にお得なセット価格が適用されます。
詳しくはお問合せ下さい。
※キャンペーンは予告なく終了させていただく場合があります。

【eラーニングサービスに関するお問合せ・お申込み】
国際マネジメントシステム認証機構 
事業推進室
TEL : 0120-796-115
MAIL: elearning@icms.co.jp

photo01.jpg

■PCI DSS教育eラーニングについて

PCIセキュリティ基準審議会(*1)の発行する『PCI DSS Requirements and Security
Assessment Procedures v3.2.1』(原文英語)の前文を含め全12要件の抄訳(*2)に沿って、
システム条件や文書化要求などのポイントが整理されています。自社で要件とその目的を理解し、
自社にとって最適な準拠・運用は何かを考える組織をサポートする教材です。
幅広い業界で多くのPCI DSS監査実績を持つ当社QSA(PCI SSC認定監査員)の
監修により、教材には原文抄訳に加え国内のクレジットカード情報セキュリティを
とりまく状況、システム図解、また要件ごとの小テストなどが含まれ、PCI DSSを
より実用的に理解するように工夫されています。

(*1)PCI セキュリティ基準審議会(PCI SSC):
Payment Card Industry Security Standards Council, LLC.
(*2)抄訳: ICMSの独自抄訳。原文と抄訳との間に齟齬がある場合には
英語の原文が優先となります。

<コース概要>
PCI DSS要件(v3.2.1)の概要と準拠・運用を学習します。

<コース受講の目的>
◆ PCI DSSの概念と要件を理解して、自社ビジネスに最適な準拠の仕方、
運用を行えるようにする
◆ PCI DSS要件の概略を学び、QSA同等の知識を目指す

<コースの特長>
PCI SSC(米国PCIセキュリティ基準審議会)が提供するQSAトレーニングの資料や
各種セキュリティスタンダード等を参考にした、監査実績多数の監査員(QSA)
監修による実用的な教材です。

<標準学習時間とコース構成>
合計:23時間
※学習時間には個人差があります。
全10パート(40レッスン)

詳細学習時間は『コースのフローチャート』をご参照ください。

<ログイン可能期間>
受講開始日から6ヶ月

その他の注目HIGHLIGHTを見る

ページの先頭へ