公平性に関するコミットメント 当機構のポリシー

公平性に関するコミットメント

当認証機構は、JIS Q 27001(ISO/IEC27001)の認証審査登録活動、及びPCI DSSの監査活動における公平性の重要度を理解し、審査、監査の提供から生じる利害抵触の可能性を特定し、以下の通り認証審査登録活動、監査活動の客観性を確保することを宣言致します。

1. 認証審査登録の信頼性を向上するために外部の委員により構成される公平性委員会を設置し、当機構の活動の公平性を監視します。

2. 関連会社が提供しているいかなるサービスの顧客に対しても公平な審査、監査を実施し、またその営業活動においても認証、監査が簡単、容易、迅速、廉価になる旨を伝えることはございません。

3. 審査、監査において入手したクライアント固有の情報を関連会社に対して一切提供することはございません。

4. いかなる利害関係に対しても公平性への脅威を排除し、認証審査登録活動、監査活動における利害抵触を管理します。

5. 審査員、監査員などが利害関係の抵触なく適切に活動できるようにするため、常に情報を監視し、対応する体制を整えます。

6. 適時・適切な内部監査及び教育等を行います。

認証審査登録組織、監査組織に、当機構の認証審査登録活動、監査活動において公平性に欠く事実やその疑念がある場合は、当機構の苦情対応窓口までご連絡ください。

本情報は当機構の利害抵触について貴重な情報やご意見となるだけではなく、制度の信頼性の維持向上のための重要なインプット情報となります。

当機構は苦情又は異議申立てに対しては、公正に受理し、事実関係を調査し、必ず誠実に対応させていただきます。

 

2015年3月4日

国際マネジメントシステム認証機構

代表取締役社長 上野 洋一

PCからのお問い合わせはこちらから

資料請求・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

0120-796-115

【受付】平日10:00〜12:00 13:00〜18:00